ヘアケアオイル 私のお気に入り

ヘアケアオイルで私のお気に入りがあります。
どれも美容師さんに教えてもらったり、美容室で実際に使っていたものです。

香りが違うので気分で使い分けたり、パサパサ具合や傷み具合で使い分けています。
アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)は持ち歩いてパサつきが気になる時などにも使えるので便利ですよね^^

ヘアケアオイル ランキング TOP3

行きつけの美容室で使っているアウトバストリートメント。
仕上げにつけてもらうとしっとりサラサラ♪

美容師さんがおすすめしてくれたヘアトリートメント。
さらっとしてるのにうるおってべたつかないのが◎。

お友達が教えてくれた洗い流さないトリートメント。
パサつく髪もシットリまとまります。


シットリ系ですが、どれもべたつかずしっとりサラサラなので、軽いつけ心地なのがお気に入りです♪

ヘアアイロンで巻き髪

ヘアアイロンで巻き髪すると普段はストレートヘアやショートヘアでもパーマをかけず、オシャレできるのが魅力ですね^^

 

自宅で簡単にできて、自分がやりたい時にできるのでぜひ覚えてヘアアレンジやイメチェンに取り入れましょう♪

ヘアアイロンは熱の伝わりがいいので早くカールを作りたい時にピッタリです。

巻き方を変えればゆる巻きからしっかりカールまでいろいろアレンジができるのでヘアスタイルのバリエーションも増えますよ(*・∀・*)b

 

用意するもの

・ヘアアイロン
・カール要スタイリング剤(ヘアアイロンの熱から髪を守るほか、かーるの持ちも良くなります)
・ダッカール(髪をブロッキングするのに使うクリップ。メイクの時にも使えるので持っていると便利です)

ヘアアイロンを使う前の準備

①スタイリング剤を髪になじませます。
スタイリング剤を1円大、手に取り手になじませてから手ぐしをしながら、全体になじませます。
sutiring
頭皮に着けるとベタついたり、毛穴に詰まる可能性があるので、毛先からつけて上は中間程度まで。

②髪をブロッキングします。
トップを左右に2つ、両サイド、バックも左右に2つの6つくらいに分けるとキレイに巻けます。

③タオルなどを巻いてヤケドやスタイリング剤から首を守る

巻き方は大きく3タイプ
・フォワード巻き
基本の巻き方で初心者にオススメ!
後ろから前に巻く方法。
フワッと丸みのあるスタイルになるので柔らかくカワイイ印象に◎

・リバース巻き
前から後ろに巻く方法。
フォワード巻きの応用として、品が良くみえるのでフォーマルにも◎

・ミックス巻き
フォワードとリバースを混ぜた方法。
髪にランダムな動きがつき、遊び感も◎
ブロッキングを細かく分けることでよりナチュラルな仕上がりに

実際に巻いてみましょう!

巻く順番
サイド→バック→トップ→(前髪)

注意点:
しっかりカールをつけたいと、長い時間熱を加える方がいますが、これは髪のダメージが大きいのでやめましょう。

カールをキープしたいなら巻いた後に動きを付けられるハードスプレーを少し離して掛けて手で軽くほぐすと良いです。

取るときはスタイリング剤が残っていたり、熱で乾燥やダメージを受けていることもあるので、しっかり保湿ケアしましょう。

髪に良い食材 乾燥やダメージが気になる今、摂取したいtop10

以前、髪に良い食べ物で紹介したおすすめの髪に良い食材ランキングtop10

1位 サーモン
2位 卵
3位 ナッツ類
4位 緑黄色野菜
5位 ほうれん草
6位 乳製品
7位 人参
8位 鶏肉
9位 牡蠣
10位 豆類
sakeruibe
先日、北海道物産展で買った鮭わさび漬けでもOK!?

 

冬場が旬のものが多い感じですが、最近はスーパーでいつでも手にはいりますよね。

また、こうやってみると和食、洋食、中華問わず使える食材であるというのも普段から髪に良い食材を取り入れたメニューにするのにありがたいですね(*・∀・*)。

 

髪にツヤやハリを出したい私、薄毛が気になる夫にとってはこういう食事は接触的に摂りたいですが、毎日となると難しいですよね。

 

そこで普段の食事にプラスして補えるサプリメントの併用が効果的なんです!

もちろん、飲んだらすぐに髪が生えるとかではありませんが、飲み続けていると抜け毛が減り、ハリ・ツヤが出てくるなどの効果を実感でき、気がついたら・・・増えた♪となるんです。

mynsapuri

このサプリメントは90日間の長期の返金保証があるのでしばらく試して効果を確かめられるのも安心できますよ。
↓  ↓  ↓
体の内側から育毛ケアをサポート「無添加オールインワン 育毛サプリ」

家族皆が満足の偏らない食事をサプリメントと併用しながら美味しく食べたいですね^^♪