洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメン)の正しい使い方

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメン)の正しい使い方を知らないと、かえって髪がベタついたり、フケや痒み、抜け毛などの原因になることも。

パサつきや痛みがリンスやコンディショナー、インバストリートメントだけで治まらないなら、しっかりアウトバストリートメントでも保湿しましょう。

outtreatment
私はコレを使ってからしっとりツヤ髪になった気がします♪
↓   ↓   ↓
髪にいい洗い流さないトリートメント

 

メーカーや髪の状態によってテクスチャーを使い分ける必要もありますが、ウォーターやミルクタイプは軽いぱさつきやドライヤー対策向け、オイルやクリームは傷みが酷い人向けと考えましょう。

 

<<洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメン)の正しい使い方>>

①シャンプー後、タオルドライ(タオルで髪を挟んで水分を抑える)をしっかりしましょう。

水分が多すぎると、トリートメントが薄まったり、水滴と一緒に流れてしまいます。
また、時間が経って乾き始めていても、乾燥を招いてしまうのでNG。
顔などのスキンケアが終わったらヘアケアしてください。

②適量(下記参照)を手に取り、手に軽く広げたら毛先からなじませます。
※改善したい余り、この時に揉み込み過ぎると摩擦でキューティクルが痛むので要注意。

③毛先の次は真ん中くらいから毛先にかけて。
手櫛をするように全体になじませます。

頭頂部は髪のベタッと見えるだけでなく、頭皮の毛穴にトリートメントが詰まってフケや痒み、抜け毛などの原因となってしまうので避けたほうがよさそうです。(頭皮用は可)
トップのアホ毛などが気になるなら、根元は避け、一番最後に手に残ったものを付けましょう

④伸ばし終わったら、目の粗いブラシか櫛(くし)で梳かしてトリートメントを均一にまんべんなくなじませます。
絡んでいると切れ毛などの原因になりますので、毛先から少しずつ梳かしていきましょう。
濡れた髪はキューティクルが傷みやすいので、目の細かいブラシだと摩擦で傷んでしまうのでやめましょう

⑤ドライヤーで8割方乾かします。
アウトバストリートメントによっては、ドライヤーの熱で浸透するものもあるので説明をよく見てから使ってください。

最後に冷風でキューティクルを引き締め、ツヤを出します。

⑥乾かした後もぱさつきや広がりなどが気になるなら、毛先などに軽くトリートメントをつけてください。

<トリートメントの適量目安>
tretme
・ショート 0、5~1プッシュ
・セミロング 1~1,5プッシュ
・ロング 2~2,5プッシュ
・超ロング 3プッシュ

あくまでも目安ですので、髪質やメーカーによって調整してくださいね。

併せて覚えて、綺麗な髪を育てましょう(*´∀`*)♪
↓   ↓   ↓
正しい髪の洗い方法
正しい頭皮マッサージ
トリートメントの正しい使い方

 

 

トリートメントの正しい使い方

トリートメントの正しい使い方

『トリートメントしたのにパサついてる。』
『ツヤもなくて、手触りも悪い。』

ちゃんとケアしているのに満足出来ない!
違うトリートメントに変えてみるか~・・・
そう思ったことありませんか?

実はトリートメントの正しい使い方ができていないことが多いんですって。
シャンプー方法や頭皮マッサージと合わせて、きちんと正しい方法を覚えて髪に良いシャンプーを使って効果的にケアしましょう♪

care21

シャンプー方法などコチラで紹介しています↓
正しい髪の洗い方
正しい頭皮マッサージ

 

≪正しいトリートメント方法≫

①シャンプー後、軽く髪を絞るように水気を切ります
②トリートメントを手に取り、手のひらで温めながらダメージの強い毛先から塗りこむようして、頭皮は毛穴詰まりの原因になるので根元付近以外に塗布していきます
uruoi
③全体に塗れたらコームを使って全体を梳かします。
これによってまんべんなく髪全体にいき渡ります。
乾燥が気になるところにはコームに付いた分を重ね着けすると浸透しやすいです
④整ったら少なくとも1分、時間があれば、ホットタオルやシャワーキャップを頭に巻いて3~5分ほどおき、保湿成分をじっくりと髪に浸透させてあげると、なお効果的です
⑤すすぎは上向きで頭皮に液剤が残らないように手のひらにお湯を溜めながらしっかり洗い流します
pic03
その後タオルドライをしてドライヤーで乾かしましょう。
痛みが激しい人はドライヤー時にアウトバストリートメントも併用するとさらにまとまりやすくなるようです。

 

メーカーによって色んなタイプがありますが、シャンプーと同シリーズでもリンスやコンディショナー、トリートメントと違いがあります。
リンス、コンディショナーは髪の表面に吸着するもので、トリートメントは髪の中に浸透していくものです。

ですから、傷んでいる、または、ぱさつく髪ならトリートメントがいいそうです。
特に冬場は空気が乾燥していて暖房などでも水分が奪われるのでトリートメントが重宝しそうですね!
catreat
こってりしっとりトリートメントでパサつきや広がりが無くなったみたい♪
↓      ↓
髪にハリ・コシ・ツヤを与えるCA101