ツバキ オイルシャンプーが新発売!オイルシャンプーとは?

資生堂ツバキから新しくオイルシャンプーが発売されました。

新たに追加するオイルシャンプー&コンディショナー(ゴールド・ピンク)は、健康的な「色気」を醸し出したいと願うナチュラル&天然素材志向の方に向けて 登場。

長崎県五島列島で採れた一番搾り※1のピュア椿オイル※2を配合し、毛先まで指どおりのよい健康的な「色気」あふれるツヤ髪を実現します。


※1最初に搾った椿オイルだけを使用しています ※2ツヤ、毛髪補修、毛髪保湿(資生堂news releaseより転載)

 

吉高由里子さんが宣伝するモイストダイアン

 

安室奈美恵さんが宣伝するオレオドール、

沢尻エリカさんが宣伝するオルジェノアもオイルシャンプーですね。

各メーカーが新商品を出してきているこのオイルシャンプーとはどんなものなのか? 調べてみました(・∀・)b

 

オイルシャンプーとは?

植物性のオイルをシャンプーに配合し、頭皮のオイルクレンジングや保湿、髪のうるおいやツヤ効果が期待できるシャンプー。

天然の植物性であるホホバオイルやアルガンオイルを使って汚れや余分な皮脂を浮かせ、オイルでしっとりまとまりのある髪になるということのようです。

 

今回のTSUBAKIオイルシャンプーは他のTSUBAKIシリースのような安価な洗浄成分を使ってないので、その点は良さそうですが、防腐剤やエタノールなどが一緒なので肌が弱い方は注意が必要かもしれません。

 

敏感肌の方やさっぱり仕上げたいという方には使い方や量などを調整する、おいるだけでなく、洗浄成分、無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

これらはドラッグストアで手軽に手に入りますし、秋冬などの乾燥する時期、通常肌の方ならこれらのオイルシャンプーを試してみても良さそうですね!

夏に使いたい!紫外線とエアコンの乾燥、湿気対策に効果のあるシャンプーランキング

評価の高いシャンプー

今年はラニーニャ現象が原因で猛暑になると言われています。

紫外線のピークを迎える7月は、熱さの影響でエアコンによる体調不良だけでなく、乾燥などにより肌や髪のトラブルも増えます。

外に出れば湿気の多い空気が乾燥した髪に吸収され、一気に髪が広がるなどのさらなる問題が出てきますね。

 

特に髪の毛や頭皮は身体の中で一番紫外線や空気の影響を受けやすく、紫外線は肌の約3倍も浴びていると言われているのです!

そのダメージを夏中に受けた髪や頭皮は、秋に起こりやすいダメージ、抜け毛や痛みの原因となってしまうんです。

 

先日、ご紹介したような日焼け止め(http://memegallerytulsa.com/post-1247/)はもちろんですが、日々のヘアケアも大事です。

 

毎日おこなうこととしては、ダメージを受けた髪や頭皮に優しいシャンプーを使って髪を綺麗にしましょう!

紫外線のダメージやエアコンの乾燥、夏の湿気で傷んだ髪をサロンクオリティーでケアしたいなら、美容師や毛髪診断士が太鼓判を押し、解析サイトでも☆5を獲得したシャンプー『アビスタ』がおすすめ。

ノンシリコンを超えたノンケミカルシャンプー【アビスタ】

普段使いのものよりは高額かも知れませんが、効果は普段の数倍!

シャンプーだけなのにトリートメントしたような髪の手触りにびっくりしますよ!

お試しセットのパウチタイプもあるので、気軽に申し込めますね。

通年使えるサロンクオリティーシャンプーならコレが一番!↓


引用元:髪に良いシャンプーについて書いているサイトを参考にしました。

 

 

梅雨時期の髪のうねりや広がりの原因と抑える3つの方法

梅雨時期は髪がうねったり、広がったり、ぺたんこになったり、セットするのがホントに難しいですよね。

広がりやうねりは汗や空気中の水分を髪が吸ってしまうのが原因。
これは髪のキューティクルが関係していて、髪の表面はキューティクルで覆われているのですが、傷んでいるとこのキューティクルが剥がれて、そのすき間から空気中の水分を吸収することで髪がボワっと膨らみます。

それが広がりやうねりの元となってしまうそうなんです!

また、くせ毛の人も梅雨時期はクセが強く出てしまうのでイヤな時期ですよね。
クセ毛の人は直毛の人より空気中などの水分を取り込みやすいという性質があるので、梅雨時期は特にうねりが出やすいそう。

うねりや広がりを抑える方法

自宅でできるセルフケアは3つ。

①髪に良いシャンプー・トリートメント・アウトバストリートメントを使う
②髪を丁寧に乾かす
③ヘアアレンジ

市販のシャンプーの多くは洗浄成分が強力で、髪の元々の脂分や水分も奪ってしまいます。
それを使い続けると髪の脂分と水分が失われ、乾燥します。

外気の水分を取り込みやすくなる=うねりや広がりが起きる

美容室の帰りなどに髪の状態が良いのは、しっかりと上記の3つができているから。
美容室で使われてるシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーで、髪の汚れを優しく落としながら、脂分と水分は程よく残してくれる髪に良いシャンプーなんです。

そういったシャンプーを自宅でも普段から使うことで、まとまりの良い髪になります。

髪も頭皮もうるおうシャンプーセット→100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】

髪を乾かす時もワンポイント!
タオルドライ後、アウトバストリートメントを毛先から真ん中辺りになじませます。
一番乾燥しやすい毛先からつけ、余った分を真ん中あたりにつけます。

根元や上部はぺたんこになってしまったり、毛穴が詰まる原因になるので、付けないほうが良いです。

アウトバストリートメントをつけることで髪内部の脂分と水分が流出するのを防ぐとともに、ドライヤーの熱による痛みや乾燥を防いでくれます。

乾かす時は、髪の根元(頭皮辺り)をしっかり乾かしましょう!
根元が乾いてないとうねりの元になったり、セットしても崩れやすくなります。
髪はついでに乾かす程度で大丈夫。軽く手ぐしで引っ張りながら、梳かしながら8割程度乾かし、冷風に切り替えて髪を冷やすとキューティクルが締まって髪にツヤが出ます。

それでも広がる時は!?
ヘアアレンジでカバーします。
ゆる~く髪をまとめたら、クセを生かして適当に髪を引き出すとオシャレなまとめ髪に。
出典:HAIR
キッチリしたいなら、編みこみやくるりんぱでボリュームを抑えるのも良いですね♪

きちんとポイントをおさえれば、髪のうねりや広がりは改善できます。
梅雨時期から髪に良いシャンプーを使っていると、夏の紫外線による痛みやパサつきもおさえられるので、今からしっかりヘアケアしておきましょう。


髪がしっとりサラサラとまとまる!100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】