フケ 治す シャンプー

フケ 治す シャンプーとして薬局などで試供品のあるコラージュフルフルが有名ですが、使っても効果がないという方も多いようです。

それは原因に合わせた改善方法や症状に合ったフケ 治す シャンプーを使っていないからではないでしょうか。

↓フケが治まった!頭皮に優しいシャンプーはコレ!↓
100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】

memesshan2

管理人の私の身内が実際にフケ治療に行った対策やフケ 治す シャンプー方法などを紹介します。
私の父のフケに気付いたのはダーク系のスーツで仕事に行くのを見送ったら肩に白いものが。
ゴミかと思ったらフケでした。
営業職なので早く何とかしてあげないと!と色々調べたらフケには大きく分けて2種類の原因がありました。

◯乾燥による「乾性フケ」
◯皮脂の過剰分泌による「脂性フケ」
それ以外にカラーやパーマ液などの刺激によってできる炎症性フケもあります。

父の肩にパラパラフケが落ちるタイプは乾燥性のものでした。
原因はシャンプーし過ぎるということ。
父はいつもかなりの力を入れてシャンプーをしていたようで、それにより頭皮の必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の表皮細胞が剥がれ落ちてしまったようです。
乾性フケは冬場など乾燥する時期は特に注意が必要です。

フケ頭

一方、髪に付いたままになっているのか脂性フケ。
これは体質もあるようですが、食生活で脂っこいものやスナック、ナッツ類、香辛料などを好んでいると皮脂の分泌が多くなったり、頭を毎日洗っていなかったりきちんと洗えていなかったりすると汚れや皮脂が残ってしまいます。
頭はもともとほかの皮膚と比べても皮脂の分泌が多いところなので清潔にしていないと脂性フケになるそう。
脂性フケは乾性より塊が大きく色も黄色っぽいのが特徴です。

どちらも改善する対策としてはきちんと正しい方法でシャンプーをすることが重要だそうです。
ふけが出るからとゴシゴシ力を入れてこすったり、爪でひっかくと逆効果ですし、綺麗にならないからと一日に何回も洗うのも皮脂が取れすぎてしまうのでよくありません。
また、シャンプー選びも重要で硫酸などを使った石油系界面活性剤の含まれるシャンプーは刺激が強く皮脂をさらに分泌させてしまうなどおすすめしません。

使うならば汚れや余分な皮脂をしっかり落としながら刺激の少ない髪と同じ成分であるアミノ酸系のシャンプーがオススメです。
シャンプーしながら頭皮をマッサージし、シャンプーした時間の倍くらいかけてしっかりすすぎ、シャンプー剤を残さないことも重要です。

アミノ酸シャンプーの中でも肌の弱い父に合いそうなフケ 治す シャンプーとして選んだのがオーガニックでノンシリコンのこのシャンプーでした。
▼ ▼ ▼
【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー

市販のシャンプーよりは値段は高いですが、病院にかかって診察したり、薬を出してもらう時間やお金を考えたらお手頃だと思います。
何より天然成分なので肌に優しいことや柑橘系のハーブの香りで父も気に入ってくれてしばらく使っている内にフケも出なくなりました(*´∀`*)

一緒に使った母も髪にハリやツヤが出たと喜んでました。
プレゼントとしても喜ばれたようです(*´σー`)

コメントを残す