くせ毛やアホ毛を抑える方法

くせ毛やアホ毛を抑える方法はないかとクセの有る人や傷んで切れ毛となったりアホ毛になっている人も同じ様になやんでいると思います。
 ahoge
くせ毛やアホ毛で悩んでいる方は髪に良いシャンプーを使うことも大事ですが、髪の乾かし方を見直すことによって広がりを抑えられたり、まとまってツヤのある髪にできます。
アウトバストリートメント(髪にいい洗い流さないトリートメント)も上手に使いながら、ツヤのあるスタイリングを目指しましょう!
 

ドライヤーを使うと髪が傷むからと自然乾燥する人がいますが、コレは大きな勘違い(>_<)

髪の一番外側でうろこ状に髪を覆っているキューティクルは、濡れていると剥がれやすく、そこから内側の水分や脂分が出てしまい、パサつきや、切れ毛、枝毛などのダメージヘアの素となってしまいます。

 

ですから、洗髪後はタオルで大まかな水気を取り、素早く乾かす事が重要です。
タオルドライはこすっている人が多いようですが、摩擦で傷むのでやめましょう。
吸収性の高いタオルで髪を挟み、軽く叩くようにしてタオルに水気を吸わせます。
髪が短い人はタオルを頭に巻いて抑えるようにすると良いでしょう。

 

タオルでだいたいの水分を取ることによって、ドライヤーをかける時間を短縮できるので負担を軽減できます。
乾燥や広がりが気になる人はココでアウトバストリートメントを使います。

 

乾かすポイントは『根元を乾かす』です。

普通のドライヤーは温度が高いために一か所に当て続けると傷みや乾燥の原因となるので、ドライヤーを動かして熱を分散しましょう。
まず乾かしたいのが地肌。

14020㎝ほど髪からドライヤーを離し、髪の上部からドライヤーを当てます。
地肌は髪をかき分けながら、少しずつずらして乾かします。
キューティクルは根元からハの字になっているのでドライヤーを上からかけることにより開いたキューティクルを抑えられます。
手ぐしで梳かしながら乾かすと効果的です。

 

8割程度乾いたら温風から冷風に切り替えます。

冷風を上部から手ぐししながら当てることによって、キューティクルがキュッと締まり、ツヤが出てきます。
最後に天然毛のブラシで梳かすとさらにツヤが出てまとまります。

matomarihair
無ければ手グシのみでOK!

ドライヤーは風量が強いものがおすすめ。
さらに髪に良い物を使いたいなら、ヘアモデルも愛用の低温ドライヤーがおすすめです。
↓    ↓    ↓

コメントを残す