ヘアアイロンで巻き髪

ヘアアイロンで巻き髪すると普段はストレートヘアやショートヘアでもパーマをかけず、オシャレできるのが魅力ですね^^

 

自宅で簡単にできて、自分がやりたい時にできるのでぜひ覚えてヘアアレンジやイメチェンに取り入れましょう♪

ヘアアイロンは熱の伝わりがいいので早くカールを作りたい時にピッタリです。

巻き方を変えればゆる巻きからしっかりカールまでいろいろアレンジができるのでヘアスタイルのバリエーションも増えますよ(*・∀・*)b

 

用意するもの

・ヘアアイロン
・カール要スタイリング剤(ヘアアイロンの熱から髪を守るほか、かーるの持ちも良くなります)
・ダッカール(髪をブロッキングするのに使うクリップ。メイクの時にも使えるので持っていると便利です)

ヘアアイロンを使う前の準備

①スタイリング剤を髪になじませます。
スタイリング剤を1円大、手に取り手になじませてから手ぐしをしながら、全体になじませます。
sutiring
頭皮に着けるとベタついたり、毛穴に詰まる可能性があるので、毛先からつけて上は中間程度まで。

②髪をブロッキングします。
トップを左右に2つ、両サイド、バックも左右に2つの6つくらいに分けるとキレイに巻けます。

③タオルなどを巻いてヤケドやスタイリング剤から首を守る

巻き方は大きく3タイプ
・フォワード巻き
基本の巻き方で初心者にオススメ!
後ろから前に巻く方法。
フワッと丸みのあるスタイルになるので柔らかくカワイイ印象に◎

・リバース巻き
前から後ろに巻く方法。
フォワード巻きの応用として、品が良くみえるのでフォーマルにも◎

・ミックス巻き
フォワードとリバースを混ぜた方法。
髪にランダムな動きがつき、遊び感も◎
ブロッキングを細かく分けることでよりナチュラルな仕上がりに

実際に巻いてみましょう!

巻く順番
サイド→バック→トップ→(前髪)

注意点:
しっかりカールをつけたいと、長い時間熱を加える方がいますが、これは髪のダメージが大きいのでやめましょう。

カールをキープしたいなら巻いた後に動きを付けられるハードスプレーを少し離して掛けて手で軽くほぐすと良いです。

取るときはスタイリング剤が残っていたり、熱で乾燥やダメージを受けていることもあるので、しっかり保湿ケアしましょう。

コメントを残す